スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<悪ふざけ>消防士長、AED胸にあて携帯で動画撮影 戒告処分に(毎日新聞)

 埼玉県南西部消防本部は8日、勤務中に訓練用AED(自動体外式除細動器)を使って悪ふざけをしたとして、新座消防署の男性消防士長(36)に地方公務員法に基づく戒告処分をした。このほか、一緒にいた男性消防士長(32)に訓告、監督責任者として当時の新座署長(59)ら上司2人に厳重注意した。

 同本部によると、消防士長(36)は、08年4月20日、新座消防署内で同僚の消防士長(32)の胸にAEDをあて、電気ショックの演技をさせて携帯電話で動画を約15秒撮影したという。【内田達也】

民主新執行部 党運営刷新で「脱小沢」アピール(産経新聞)
空港需要予測など批判も…運輸政策研究機構とは?(産経新聞)
党政調を復活=菅氏が表明―民主代表選(時事通信)
「四つ星」にまで窃盗団!南ア滞在スペイン人記者被害(スポーツ報知)
<参院選>安倍元首相らが民主の単独過半数阻止で連携(毎日新聞)
スポンサーサイト

宮崎の主力級種牛5頭、2・3回目の検査シロ(読売新聞)

 口蹄疫問題で宮崎県は24日、同県西都市に避難させている主力級の種牛5頭について、22、23日に採取した検体の遺伝子検査の結果、陰性だったと明らかにした。

 検査は7回行う予定で、今回は2、3回目。

 同じ畜舎に避難した「忠富士(ただふじ)」(殺処分済み)の感染が22日に判明したが、5頭は、遺伝子検査を続けながら経過観察している。

両陛下、迎賓館ご視察 皇太子さまご一家も(産経新聞)
日本ユニシス、企業向け教育プラットフォームサービスに英語表示やお知らせ機能を追加
【記事】"首席卒業"桑田氏、驚愕の成績表/【画像】スッピンでマジ顔のしずちゃん
首相、離党の邦夫氏にエール=本会議場で会話-鳩山兄弟
取り調べの違法一部認定 大阪高裁(産経新聞)

新年金制度 基本方針案の全容判明 抽象的であいまい 最低保障額明記見送り(産経新聞)

 ■消費税の言及も回避

 政府の「新年金制度に関する検討会」(議長・鳩山由紀夫首相)が6月上旬にもまとめる年金制度改革の基本方針案の全容が24日、明らかになった。年金制度の一元化など従来の改革方針を改めて確認し、野党に対しては国民的議論を呼びかけているが、夏の参院選を前に増税論にもつながる具体的な制度設計への踏み込みは避けた。昨年の衆院選マニフェスト(政権公約)で与党が掲げた最低保障年金の金額の明記も見送られるなど後退した部分もあり、野党から「無責任だ」との厳しい批判が出そうだ。

 7原則からなる基本方針案では、従来方針と同様、職業に関係なく年金制度を一元化し、老後に最低限の年金額を保障する「最低保障年金」、現役時代の所得に応じて年金額が決まる「所得比例年金」を組み合わせる新制度とすると明記。年金記録の厳格管理や保険料と税金の一体的徴収で未納・未加入を減らし「結果として無年金者をなくす」ともした。

 ただ、昨年の衆院選マニフェストで民主党が7万円、社民、国民新両党が8万円とした最低保障年金の金額の提示は回避。財源についても「安定財源を確保し、持続可能な制度とする」としただけで、民主党が衆院選マニフェストで掲げた「最低保障年金の財源を消費税とする」との方針の明記は見送られた。具体的な制度設計で必要となる保険料・年金額の水準、旧制度から新制度への完全移行の期限なども書き込まれなかった。

 基本方針案が踏み込み不足となった理由について、政府は「基本方針は政府として譲れない最低ライン。将来的な与野党協議を視野に、ハードルを上げすぎると議論のきっかけがつくれなくなる」などと主張する考え。基本方針案では、新制度の7原則よりも「少子高齢化の進行」「非正規雇用の増加」といった新制度が必要になった社会背景の説明に重点を置いた。

 だが、実際は「従来方針よりも踏み込むと新たに必要となる財源額が明確になり増税論が避けられなくなるから深入りを避けた」(官邸筋)というのが真相。また、検討会の有識者ヒアリングでは、新制度がモデルとするスウェーデンの年金方式を導入することに対して「制度が複雑になる」との批判も出ており、こうした政府内外の慎重論にも配慮して、あいまいな案に落ち着いた格好だ。

【関連記事】
老後資産づくり まずは貯蓄の習慣を
少子高齢化 危機感の共有こそ解決の近道
親の年金受給や不要団体 ギリシャ、放漫財政にメス
「高額療養費」難解な制度…もっと使いやすく
年金担保融資事業「廃止」、国立病院機構の診療事業は「規模の縮減」 事業仕分け
虐待が子供に与える「傷」とは?

男性刺殺、知人男を逮捕=「金銭トラブルあった」―宮城県警(時事通信)
裁判員制度施行から1年 死刑、無罪はゼロ(産経新聞)
<器物損壊>成田空港の予定地で看板壊す 容疑の60歳逮捕(毎日新聞)
中山元外相参院選出馬へ きょう自民離党(産経新聞)
福祉施設の85歳入所者に暴行、介護福祉士逮捕(読売新聞)

仙谷・前原氏「政倫審公開を」=小沢氏出席を評価―閣僚(時事通信)

 小沢一郎民主党幹事長が自らの資金管理団体をめぐる事件に関し、衆院政治倫理審査会で事実関係を説明する意向を示したことをめぐり、14日午前の閣僚の記者会見で歓迎の声が相次いだ。一部からは公開での実施を求める意見も出た。
 仙谷由人国家戦略担当相は「堂々たる説明をしていただければありがたい」と期待を表明。その上で「国民に対する説明として、公開した方がいい」と強調した。前原誠司国土交通相も「評価すべきだ。できる限りオープンであるのがいい」と述べた。
 他の閣僚も「国民の理解が得られることを期待する」(菅直人副総理兼財務相)、「結構なことだ。これからも積極的にいろんなところで説明をいただけたらこれほどうれしいことはない」(中井洽国家公安委員長)と歓迎した。
 一方、枝野幸男行政刷新担当相は「説明責任というのは、国民の一定の理解、納得を得るという結果のところで問われている」と指摘、政倫審に出席しただけで説明責任が果たされるわけではないとの認識を示した。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設~政府、5月決着を断念~
【特集】「陸山会」土地購入事件~検察審、小沢氏「起訴相当」を議決~
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~

大麻所持でミュージシャン実刑=「YOU THE ROCK★」-横浜地裁支部(時事通信)
<雑記帳>イケメン演歌歌手の山内恵介さんが一日根室署長(毎日新聞)
信号無視バイク、追跡中転倒21歳逮捕 堺、酒気と無免許(産経新聞)
中国製ギョーザ中毒 千葉の袋にも穴…供述裏付け(産経新聞)
19日に日豪ACSA締結 東京で2プラス2(産経新聞)

<NPT会議>被爆前の広島、CG上映 国連本部で(毎日新聞)

 【ニューヨーク山科武司、加藤小夜】広島への原爆投下により消滅し、今は平和記念公園に姿を変えた旧中島地区の街並みを、コンピューターグラフィックス(CG)で再現した記録映画が3日、核拡散防止条約(NPT)再検討会議が始まった米ニューヨーク・国連本部で上映された。

 「Unrecognized Loss(知られざる喪失、日本語題・原爆で失ったもの)」と題した作品(約30分)。生家が旧広島県産業奨励館(原爆ドーム)の東隣にあり、両親と弟が被爆死した映像作家の田辺雅章さん(72)らが、旧中島地区の元住民ら57人の証言と、米英公文書館の資料を基に再現した。原爆が普通の人々の人生を一変させたことを淡々と、しかし雄弁に訴えた。

 田辺さんは3年前にも、同様に製作したCGを国連本部で上映したが、観客の「爆心直下が公園でよかった」との感想に衝撃を受け、より細部にこだわりリアルな再現を目指して製作したという。上映後、田辺さんは「知られてこなかったことを伝えた。再び(原爆被害を)繰り返してはいけない」と語った。

【関連ニュース】
国連事務総長:8月の広島訪問を正式表明 記念式典参加へ
NPT会議:被団協メンバーら米到着…命の大切さ伝える
広島市長:2020年までの核廃絶、米で協力呼び掛け
チェルノブイリ:医師派遣協力求め25日に報告会 広島
OBサミット:核兵器禁止条約の締結など提言し閉幕 広島

<前原国交相>米運輸長官と会談 自動車リコール情報を共有(毎日新聞)
首相、沖縄訪問で県民に謝罪も検討(読売新聞)
<転落死>4歳女児、誤ってホテル6階客室から 姫路(毎日新聞)
メーデー 全国一斉に集会開催(毎日新聞)
不適切行為で老健施設に改善勧告―宇都宮市(医療介護CBニュース)
プロフィール

なりたまことさん

Author:なりたまことさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。