スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アパート火災、2人焼死=90代と50代の親子か-相模原(時事通信)

 2日午前4時40分ごろ、相模原市中央区小山の木造アパート「さつきハイツ」102号室の金沢利一さん(58)方から出火、同室約58平方メートルを全焼した。焼け跡から性別不明の1遺体が見つかり、病院に搬送された男性1人も間もなく死亡した。
 神奈川県警相模原署によると、金沢さんは90代とみられる父親と同居していたという。2人の行方が分からず、同署は遺体の身元確認を急ぐとともに、出火原因を調べている。 

【関連ニュース】
住宅火災で3遺体発見=50~70代の母子か
焼けた車から3遺体=持ち主一家に捜索願
寺を全焼、保険金詐欺図る=容疑で元住職再逮捕
住宅全焼、1人死亡=18歳女性か、2人けが
民家火災、焼け跡に2遺体=高齢夫婦か

<郵政改革>連立の火種あらわ(毎日新聞)
<長官狙撃事件>時効で容疑者不詳のまま不起訴 東京地検(毎日新聞)
「名ばかり取締役」解雇無効=組合加入理由は不当-佐賀地裁(時事通信)
<火災>駅新設現場の壁焼き1人けが 東京・羽田(毎日新聞)
<浜岡原発>5号機の大きな揺れの原因は「増幅効果」(毎日新聞)

<訃報>石井幸夫さん71歳=毎日新聞懇話会最高顧問(毎日新聞)

 石井幸夫さん71歳(いしい・ゆきお=毎日新聞懇話会最高顧問、毎日新聞関大前販売所長)23日、急性心不全のため死去。葬儀は近親者で行われた。お別れの会は4月8日午前11時、大阪府吹田市桃山台5の3の10の公益社千里会館。喪主は長男史敏(ふみとし)さん。

 01~05年に毎日新聞懇話会会長を務め、同年から最高顧問。

ロイター通信が普天間問題で産経世論調査を引用(産経新聞)
固定翼機の一部、嘉手納移転検討…普天間移設(読売新聞)
土地所有者情報紛失 宮城・福島で計48万6000件に(河北新報)
<長野夫婦殺害>被告に無期懲役の判決 長野地裁上田支部(毎日新聞)
スギ花粉症ワクチンの共同研究に着手―理研と鳥居薬品(医療介護CBニュース)

<京都大>卒業式、今年も仮装登場…でも少なめ(毎日新聞)

 京都大の卒業式が24日、京都市左京区の同市勧業館みやこめっせであり、10学部2752人が巣立った。今年も競馬のジョッキーやゲゲゲの鬼太郎のおやじに扮(ふん)するなど恒例の卒業生の仮装が見られたが、昨年の記者懇談会で松本紘学長が「愉快ではない」と苦言を呈したことを受けてか、少なめだった。

 多数の保護者の参加が予想されたため、今年から会場を学外に移動。それでも約1000席用意された父母らの席は立ち見が出る盛況ぶりだった。松本学長は式辞で「大学生活を通じて築かれたネットワークが皆さんの宝。それを広げて世界が直面する多元的な課題に挑戦してほしい」と述べた。【広瀬登】

【関連ニュース】
<大学別入試問題>京都大学前期 数学(文系)
<写真特集>学生食堂:カレー、から揚げ、ラーメン 京大自慢のメニューは?
<写真特集>大学グッズ:文房具やお茶、マグロまで 校風反映する品々
鳩山首相:「日米同盟基軸の方針揺るがず」防大卒業式で
千葉大生殺害:学部長が両親に卒業認定書

<電子書籍>出版31社が協会設立 研究や情報収集行う(毎日新聞)
都監察医務院、遺体を取り違え解剖(産経新聞)
目薬の使用法、大半が間違い(産経新聞)
九州西岸で海面が大きく上下=沖縄は強風、注意を-気象庁(時事通信)
首相動静(3月26)(時事通信)

<ホンヨモ!セッション>南沢奈央さん、読書の魅力語る(毎日新聞)

 読書の魅力や楽しみを語る「ホンヨモ!セッション」(毎日新聞社など主催)が21日、東京都千代田区の毎日ホールであり、女優の南沢奈央さん(19)が、本との出会いや読書のスタイルなどについて語った。

 読書に関心が高い中高生ら約150人が参加。聞き手は重里徹也・毎日新聞編集委員が務めた。

 南沢さんは東野圭吾さんや村上春樹さんら、愛読している作家や作品名を交えながら、読書によって自分の世界が広がったことを紹介。「なかなか実現できないですが、小説を書いてみたいです」と語り会場を沸かせた。

【関連ニュース】
南沢奈央:「ホンヨモ!セッション」で読書の魅力語る 21日、東京・毎日ホール 参加者募集
南沢奈央:19歳の素顔に迫るドキュメンタリー「10代最後のすっぴん」 au限定配信
堀北真希:大泉洋の「謎が邪魔」失言にダメ出し 「レイトン教授と魔神の笛」発表会
南沢奈央:「村上春樹にはまってる」 10代限定文学新人賞「蒼き賞」応援ガールに
南沢奈央さん:読書の楽しみ語る 21日に東京で「中・高校生のつどい」

<JT>火不要の無煙たばこ、まず都内限定で5月に発売(毎日新聞)
あがらの言葉、後生に 和歌山県の方言、デジタル音源化(産経新聞)
保護者と性的関係 江戸川区立小の校長更迭、懲戒へ(産経新聞)
宇佐神宮世襲家、宮司任命巡り神社本庁と対立(読売新聞)
薬害C型肝炎訴訟 カルテなし原告和解 仙台地裁(河北新報)

<奈良>5月に赤ちゃん誕生だった 矢刺さり死んだ雌ジカ(毎日新聞)

 奈良市の奈良公園でボーガン(洋弓)の矢が刺さって死んだ雌ジカを「奈良の鹿(しか)愛護会」が17日に解剖したところ、妊娠していたことが分かった。赤ちゃんは雄ジカ。シカの出産シーズンは5月上旬で、生きていれば約1カ月半後に生まれていたとみられる。同会には、全国からシカの冥福を祈る電話やメールが寄せられている。

【被害シカの悲しい写真付き】奈良公園:雌ジカの左腹にボーガンの矢 重傷

 同会の獣医師らが、妊娠や傷の確認のために解剖した。左腹部に刺さった矢は左肺を貫通し、肝臓を傷つけて右肺に達していた。体内から、体長約35センチの雄の赤ちゃんが見つかった。シカは火葬され、保護施設「鹿苑(ろくえん)」の中にある「鹿塚」に埋葬される。 【花澤茂人】

【関連ニュース】
<事件の続報>奈良公園:矢の刺さったシカ死ぬ
<動物受難>事故死した動物はどこへ? 市町村が焼却処理
<動物受難>戦場に散った動物たち ペットも軍用に
<かわいい動物で和もう>動物の赤ちゃんもいっぱい 毎日動物園

今月末に日米外相会談 国務次官補は来月訪日意向(産経新聞)
<写真展>笑顔で乗り越えた被災地の子どもたち 東京(毎日新聞)
インスリン事件「3日続けて計3回」と供述(読売新聞)
モンベル社カード情報流出 不正利用被害100人超(産経新聞)
<桜>大阪で開花 観測史上2番目(毎日新聞)
プロフィール

なりたまことさん

Author:なりたまことさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。